×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FlawTipsの音的ウェブ・サイト内検索

FlawTipsの音的ウェブ・サイト内検索
「FlawTipsの音的ウェブ」のサイト検索ページです。
音的ブログで書き綴った膨大な記事から検索が出来ます。RSS対応です。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディーパイプ - FlawTipsの音的オススメ - FlawTipsのNotebook(雑記帳) - サイトマップ - Top

DJ機材


トップページへ


◇各記事の冒頭部分を抽出◇

エフェクタ

エフェクタ:音を加工する機械 - 音楽を自分で作っている人は、よく知っているかと思いますが、音を加工する機械に「…
最初の頃に使ったエフェクタ - そうそう、そういえば、私も音楽を自分で作ったりするので、エフェクタをよく使って…
ディレイ - エフェクタの「ディレイ」というのは、音を遅らせる効果があるんですが、ディレイに…
ディレイ2 - 以前「最初の頃に使ったエフェクタ」で紹介しました「DE-200」というディレイ…
マルチ・エフェクタ - BOSS社のデジタル・ディレイ「DE-200」は、デジタルへ変換した後の数値の…
ディレイというマルチ・エフェクタ?^^; - マルチ・エフェクタというのは「一つのエフェクタで、複数のエフェクトをかけること…
右脳を刺激するエフェクタ - 「ディレイというマルチ・エフェクタ?^^;」で、他のエフェクタの中に「ディレイ…
ディレイ(その3) - 「ディレイ」の「音を遅らせる機能」ってのは、色んなデジタル・エフェクタの中で、…
サンプル単位のディレイ - デジタル・エフェクタの一部に「ディレイ」という「音を遅らせる機能」が使われてい…
ビット数 - デジタル・エフェクタの中で使われているようなディレイは、サンプル単位で音を遅ら…
エフェクタと演算 - エフェクタってのは、ディレイやリバーブとか、ほんと色んなものがあったりしますが…
エフェクタと演算2 - 音を加工するエフェクタってのは…「その中にある電子回路の組み合わせにより、処理…
▲Topへ▲


シンセサイザ

シンセサイザの操作で遊んだ頃^^; - シンセサイザといえば、「電子回路を使った音を合成する装置」って日本語訳になるみ…
オシレータ(SynthEdit) - 最初「シンセサイザ」に触った時には「シュ〜」って音ぐらいしか出せなかったのです…
オシレータの音量を制御 - 前回の「オシレータ(SynthEdit)」は「オシレータ」の大雑把な話でしたが…
エンベロープ・ジェネレータ(ADSR)を使う - 前回は「オシレータの音量を制御」ということでしたが、音量を制御する「VCA(ボ…
VCF(ボルテージ・コントロールド・フィルタ) - 今までのシンセサイザ関連の話の中で、VCO(ボルテージ・コントロールド・オシレ…
フィルタ(ポール、レゾナンス)について - 前回の「VCF(ボルテージ・コントロールド・フィルタ)」で、フィルタでは、ある…
フィルタの原理 - 前回は「フィルタ(ポール、レゾナンス)」についてでしたが、イコライザにしてもフ…
FFTフィルタ - 以前の『フィルタ(ポール、レゾナンス)について』で、ポールについて少し書きまし…
シンセサイザと楽器の表現力? - 楽器の音というのは、基音があって、倍音があって、それらが、時間的な音量変化をし…
鍵盤のないシンセサイザ - 前回は、「シンセサイザと楽器の表現力?」ということで、シンセサイザと楽器…云々…
LFO(ロー・フリケンシ・オシレータ) - そういえば、しばらくシンセサイザの大まかな仕組みというような話で進んでいたんで…
SynthEditで組んだシンセサイザの一例 - これまでにVCO、VCF、VCA、EG、LFOといった機能が出てきました。これ…
「ビブラート」「ワウワウ」「トレモロ」 - 前回の「SynthEditで組んだシンセサイザの一例」では、SynthEdit…
LFOのかけ具合 - 前回は、LFOをVCOやVCF、VCAにつなげて「ビブラート」「ワウワウ」「ト…
LFOのシンクロと繰り返し - これまで、LFOを使うとどういう音になるかみたいな話でした。LFOは、音を加工…
ワウとエンベロープ・フォロア - LFOは、発振する値を変化させて、オシレータの音程や、フィルタのカットオフ周波…
エンベロープ・フォロア(Peak Follower)の波形 - エンベロープ・フォロアは、ギター等の「ワウワウ」の効果にも使ったりするようです…
エンベロープ・フォロアの波形追いかけ度合い!?^^; - 「エンベロープ・フォロア」で続いていますが^^;、ギターのワウでは、これを「オ…
「ビブラート」「ワウワウ」「トレモロ」で変調^^; - 話をちょっと前に戻しまして…^^;。以前、シンセサイザで、LFO(ロー・フリケ…
▲Topへ▲


周波数

周波数とドレミの関係 - 周波数とドレミは、どう関係しているのかが不明…って方も居られるかと思いますので…
ドレミの音階(平均律)に対応した周波数の表 - 以下に、ドレミの音階に対応した周波数の表を掲載します。ドレミの音階は平均律です…
▲Topへ▲


ノイズ

ノイズあれこれ - ノイズと言えば「ホワイト・ノイズ」「ピンク・ノイズ」とかも思い出すのですが(笑…
レコードノイズとデジタルノイズ - 昔、プライベートで「自分の好みの音楽を聴く」と言えば、レコードとかカセットテー…
▲Topへ▲


波形

音と波形 - 「周波数とドレミの関係」で、時報の「ピ・ピ・ピ・ポーン」という音は、440Hz…
音がミックスされた時の波形 - サイン波の波形では、繰り返しの形…周期性を見ることが出来ましたが、音楽では、見…
波形から見た音の違い - さて、音楽ってのは、時報のような「ピ・ピ・ピ・ポーン」というサイン波だけで作ろ…
エンベロープ・ジェネレータ - 前回の「波形から見た音の違い」では、倍音構成の違いが、楽器の音を特長付けていた…
▲Topへ▲


倍音

倍音を調べてみる - 以前の「波形から見た音の違い」では、ピアノやギターの音には多くの倍音が含まれて…
倍音構成による音の違い - 「倍音」…これは【基音の周波数の整数倍である音】といった感じです。基音が440…
エンベロープの違いによる音の変化 - 前回の「倍音構成による音の違い」では、倍音構成によっても音に違いは出てくるとい…
倍音とエンベロープによる音の違い - このところ倍音とエンベロープで進んでいたので、それを組み合わせて何か出来ないか…
▲Topへ▲




声の周波数分布 - 楽器やシンセサイザー等の音は、基音とその倍音で構成されたりしますよね。その殆ど…
フォルマントの合成による「あいうえお」 - 声の周波数分布は、フォルマントといった幾つかの特長的な周波数帯があって「あいう…
声の抑揚と「さしすせそ」の生成 - フォルマントの合成による「あいうえお」の合成音は、ロボットっぽかったですよね(…
声の共鳴 - 声も、共鳴という原理を使っているそうですね(普段そういう意識はないですが^^;…
声と管楽器 - 声を出すための器官は、管楽器の仕組みってに似ているなぁ〜って思ったりするんです…
声色という音色 - 楽器の音が、人間の声に準えられるように、人間も、楽器のような声を出せたりします…
声の和音? - 母音のフォルマントは、以前フォルマントの合成による「あいうえお」に書いたように…
声と和音?その2 - 声は、楽器と同様、整数倍音を含んだ音になっています。それ以外にも、整数倍ではな…
▲Topへ▲


共鳴

音叉と共鳴箱 - 音叉というものがありますが、それを共鳴箱に取り付けると、音が鳴り出したりします…
▲Topへ▲


平均律と純正律

うねり(平均律と純正律) - 通常、二つの音の周波数が整数倍だと、濁りがなく綺麗な音になります。440Hzと…
純正律の響き - 音の綺麗、綺麗じゃないというのは、人によって違うと思ったりするので、うねり(平…
純正律の音のズレの対処法? - 純正律で「ド」を基準としてハ長調にすると「レ-ファ-ラ」の和音が「違和感ある響…
「4:5:6」の響き - 純正律の「ラ」を基準としたイ長調だと「ラ-ド#-ミ」の周波数比は「4:5:6」…
ハモりと純正律 - コーラスとか、2人以上で歌う時に、ハモるということが出来ますよね。主旋律によく…
一本の紐から音程を作る - 以前の「ハモりと純正律」にて、「歌でハモる時、うねりの少なくなるような純正律的…
平均律と純正律のフレット - 以下の「紐で音程を作る」のように、…
リサージュ図形と純正律 - 「ラ」の音440Hzについて、周波数が簡単な整数の比になる音…うなりの少ない純…
▲Topへ▲


ステレオ・メーター

ステレオ・メーター - 以前の「リサージュ図形と純正律」では、「二つの音の比が簡単な整数だと、その図形…
音のぶつかりによる変化 - 「ステレオ・メーター」の最後の方に、「音同士がぶつかって消えてしまったり…」と…
ステレオ・メータの仕組み? - 以前、「ステレオ・メーター」の記事で、ステレオ・メータはリサージュを使ったもの…
ステレオ・メータからわかること? - パソコンのソフトなどで、音の波形を表示してみると、山とか谷みたいな「折れ線」に…
ステレオ・メータで描かれる図形 - 実際のステレオ・メータでは、LとRで鳴っている音の波形に従ってもの凄いスピード…
ステレオ・メータの図形を式で変化させる - ステレオ・メータは、ゴニオメータとも言うみたいですね。オシロスコープを使って出…
ステレオ・メータで図形を音にする? - 前回の「ステレオ・メータの図形を式で変化させる」では、ステレオ・メータに表示さ…
ステレオ・メータと音環境 - 色々とステレオ・メータについて見てきましたが^^;、でも最近、ステレオ・メータ…
▲Topへ▲


屋外の音

街の音のうねり - 街でアーケード等、屋根のある通り等を歩いてたりすると、BGMとして流されている…
遠くの音 - 野外でコンサートなどをやっている時、その会場の外でも、音が聞こえたりしますよね…
伝わりやすい音 - 音は、空気を振動させたものですよね。その振動が、耳の鼓膜をゆらして、増幅した後…
▲Topへ▲


耳の特性

耳の特性 - テレビやラジオの音と、生の音とは、何か違って聞こえたりしますよね。生音の場合は…
耳の特性2 - 「耳の特性」で、可聴域内であっても、音域によって、よく聞こえる音と、よく聞こえ…
ステレオ音像に影響するもの - ステレオといえば、随分と前から、5.1chサラウンド・ステレオとか、擬似3D・…
音質と音像の移動 - 「ステレオ音像に影響するもの」で書ききれなかった「音質」についてですが、左右の…
耳の特性3(ハース効果) - スピーカ等の左右の音量を変えると、音の位置が左右に移動しますよね。例えば、右の…
耳の特性4(音程の感じ方) - 耳は、時間差でも音の位置を感じるということなんですが、たいていは音量で位置を感…
耳の特性5(音量と音程) - 「耳の特性4(音程の感じ方)」では、耳は、高い音ほど、やや正確な値より低めに感…
耳の特性6(色々) - 耳の特性には、まだまだ色々あるようで、倍音と音程の関係もあるそうですね。倍音と…
耳の特性の発生の原理? - これまで、耳の特性で、音がどういったふうに変化し、どう聞こえるのかってのを書い…
▲Topへ▲


音と脳

音を直接脳で聴く!? - 音は、空気振動で伝わり、耳の鼓膜を振動させますが、その後、その振動情報が脳に伝…
音に似た感覚を脳が体験する - 以前の「音を直接脳で聴く!?」では、脳で直接音を聴くといったSFみたいなことを…
外界で音が鳴ってると感じるのは? - 音は空気の振動で、それが耳の鼓膜を振動させ、電気信号となって脳へ伝わるのですよ…
▲Topへ▲


音楽の効用

音楽・リラックス・α波 - 脳は、その中にある聴覚を処理する部分で、なぜだか分からないけど、耳から伝えられ…
音楽で疲れをとるには? - 前回の「音楽・リラックス・α波」では、音楽を聴いている時、目を閉じ、外界からの…
音楽とスポーツ - 外界からの情報は、人の心や行動を変えたりしますが、その「外界からの情報」っての…
▲Topへ▲


デジタル・サンプリング

空気振動とデジタル信号 - デジタルの音声信号ってのは、空気振動であるアナログの音を、幾つかの細かいサンプ…
サンプリングとAD変換 - デジタル音声信号ってのは、空気振動を、ごく短い時間毎に、数値データへ変換してい…
デジタルとアナログ - デジタル機器において、アナログの連続した値をデジタルに変換するには「AD変換」…
サンプリングを図で - 「サンプリングとAD変換」で、サンプリングしようとする信号が超高周波だったりす…
サンプリング定理 - 「サンプリングを図で」では、サンプリング周波数を徐々に下げていくと、それまでに…
ナイキスト周波数を境にサンプリング波形が同じ形に - サンプリング周波数とサンプリング可能な音域には「サンプリング定理」という関係が…
▲Topへ▲


波形編集ソフトウェア

音の編集の今昔^^; - デジタルというのは、アナログのような連続した量ではなくって、サンプリング毎の「…
サンプル単位の「階段状の線」 - 「音の編集の今昔^^;」の最後に「波形編集ソフトウェア」なるものを書きましたが…
パソコンで音処理 - エフェクタ機器の裏面や、前面にある「Input」や「Output」のところにケ…
▲Topへ▲


音の歪み

音の歪み - 「空気振動とデジタル信号」〜「ナイキスト周波数を境にサンプリング波形が同じ形に…
音でいう歪みとは(高調波ひずみと混変調ひずみ) - 「音の歪み」で、「音量を全体的に変化させたものではなく、波形の一部を変化させた…
音の歪みと音の割れ - 普段、音楽を聴いていて、あんまり「歪み」って言わなかったりしますね^^;(そう…
E・ギターの「歪み」と音楽の「音の割れ(歪み)」 - E・ギターの「歪み」と音楽の「音の割れ(歪み)」は、どちらも、波形の表現できる…
▲Topへ▲


真空管

真空管での音の加工 - 以前「音の歪み」で、真空管アンプについてちらっとだけ書きましたけど、これを使う…
真空管アンプについて - 真空管は、30〜40年ぐらい前までは、電気製品に盛んに使われていたそうですよね…
真空管で宇宙の響き^^; - 「真空管アンプについて」では真空管の増幅の原理みたいなのを書きましたが、3つの…
真空管と太陽系!?^^; - 「真空管で宇宙の響き^^;」では、真空管の中の響きは、宇宙の響きかもってことで…
真空管では、どういう変化が? - 音楽で「真空管を使った機材」というと、色々あるようですね。ギターやベースのアン…
真空管アンプでの波形の変化 - 真空管での波形の変化について色々調べたりしているんですが、変化に富んでいて、い…
真空管音質とデジタル音質? - 真空管のオーディオ・アンプの周波数特性表と、CDのそれを見比べてみると、範囲の…
真空管の構造と仕組み(大雑把に^^;) - 真空管には、色々あって、2つの電極しかないものから、5つぐらい電極のあるものま…
真空管からトランジスタへ - 真空管は、音的に、色々奥の深い特性を持ってたりするので、今でも一部使われていま…
▲Topへ▲


VST(SynthEdit)

VST(バーチャル・スタジオ・テクノロジ) - 「DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)」で出てきました「VST(…
VST(バーチャル・スタジオ・テクノロジ)で音を作る - VSTインストゥルメントとVSTエフェクトは、DAWや波形編集ソフトウェア上で…
VSTを作る - VST(バーチャル・スタジオ・テクノロジ)を使うのではなく、作るには?ってこと…
「SynthEdit」について^^; - 「SynthEdit」で、モジュールの組み合わせを幾つも作り、それらを組み合わ…
かっこいいタンス^^; - 「SynthEdit」について、海外の公式サイトをチェックしてみたら、バージョ…
シンセサイザと「SynthEdit」 - 「SynthEdit」は、パソコン上のバーチャルな世界で「モジュール」という、…
▲Topへ▲


ボコーダ

ボコーダ - 「エンベロープ・フォロアの波形追いかけ度合い!?^^;」の記事の最後に「ボコー…
ボコーダでの処理 - 通信機器として開発された「ボコーダ」は、可聴域の音、全てを伝えるのではなく、声…
ボコーダの音 - 「ボコーダ」についてですが^^;、原理を簡単に言うと、二つの音源を使い、一つの…
FFTを使ったボコーダの音 - 「ボコーダ」の効果を、音の周波数分布からみると、音から音へ、それをコピーしてい…
▲Topへ▲


変調

変調と音程 - 「「ビブラート」「ワウワウ」「トレモロ」で変調^^;」では、音の変調ということ…
DX7(FM音源シンセサイザ) - フリケンシ・モジュレーション(FM変調)を使ったシンセサイザを、FM音源のシン…
2つのオシレータを使ったFM変調 - 「DX7(FM音源シンセサイザ)」では、FM変調ということで、それを音源に利用…
モジュレータとキャリアの周波数を変えてみた時の音 - 「2つのオシレータを使ったFM変調」では、単に2つのオシレータをつなげただけっ…
FM変調で発生する部分音の周波数について - 「モジュレータとキャリアの周波数を変えてみた時の音」では、FM変調のモジュレー…
モジュレータ周波数を動かした時の部分音の周波数の動き - 「FM変調で発生する部分音の周波数について」で、FM変調で発生する部分音の周波…
ハーモニシティ・レシオ - 以下の「モジュレータ周波数を動かした時の部分音の周波数の動き」の図で、モジュレ…
モジュレーション・インデックス - FM変調には、「ハーモニシティ・レシオ」というモジュレータとキャリアの周波数の…
モジュレーション・インデックスと部分音 - モジュレーション・インデックスを変える事により、部分音の音量が変化したり、高次…
モジュレーション・インデックスと部分音(その2) - 「モジュレーション・インデックスと部分音」では、モジュレーション・インデックス…
位相変調(PM変調)1 - FM変調と似たような変調として、位相変調(PM変調)があります。これは、位相を…
FM変調、PM変調とsinθ - 「位相変調(PM変調)1」の最後に、“PM変調は「sin(θ+α)」のαを高速…
度数法と弧度法 - 今回は、ちょっと余談で、度数法と弧度法についてです^^;。度数法で表される数は…
周波数fのサイン波の式 - 以前の「FM変調、PM変調とsinθ」の補足をしようかと思います。といっても、…
FM変調=PM変調 - sinθをFM変調、PM変調へ結びつけるとどうなるかということで…^^;。FM…
FM変調での音作り - これまでのFM変調の話では、オシレータの波形をサイン波として話を進めていました…
AM、RM、フィルタ変調 - FM変調の話は、確か「ビブラート」「ワウワウ」「トレモロ」で変調^^;の話から…
AM変調と、RM変調の波形 - AM変調は、トレモロの高速版というか^^;、音量をオシレータで高速に変化させる…
フィルタ変調 - AM変調とRM変調の違いは、モジュレータの振幅によるものでした。AM変調の時は…
パルス幅変調 - FM、AM、RM変調、フィルタ変調、これらは、「ビブラート」「ワウワウ」「トレ…
パルス変調あれこれ - パルス幅変調は、パルス変調の一種みたいですね^^;。パルス波を使った変調は、他…
パルス波、矩形波、方形波 - パルス波の波形は、| ̄|_|←こんな感じになっているんですけど^^;、その形に…
▲Topへ▲


波形に変化を与える1

波形に変化を与える(クリップ) - シンセサイザの変調ということで、FM、AM、RM、PWM等出てきましたが、変調…
波形に変化を与える(クリップ2) - クリップとは、指定値内で信号値を抑える、または、留めておくというものでした。こ…
波形に変化を与える(クリップ3) - エフェクタとして使ったり、シンセサイザで使ったりするクリップには、音量の制限を…
波形に変化を与える(クリップ4) - 「直流ノイズ」について…、音楽を作る時、最近では、パソコン上で、VST(バーチ…
波形に変化を与える(クリップ5) - 前回「波形に変化を与える(クリップ4)」では、クリップの2つの設定値によって、…
波形に変化を与える(クリップ6) - シンセサイザ(モジュール・タイプ)でのクリップは、本来、信号値の制御ということ…
波形に変化を与える(フィルタ) - 前回「波形に変化を与える(クリップ6)」からフィルタで波形に変化を与えるという…
波形に変化を与える(フィルタの発振) - 前回「波形に変化を与える(フィルタ)」の最後に書いたように、クリップの場合は、…
波形に変化を与える(インバータとレクティファイア) - 前回「波形に変化を与える(フィルタの発振)」のフィルタの発振の話は、「波形に変…
波形に変化を与える(インバータとレクティファイア・2) - 前回「波形に変化を与える(インバータとレクティファイア)」で、インバータは、符…
波形に変化を与える(クオンタイザとピーク・フォロアとサンプル・アンド・ホールド) - 前回「波形に変化を与える(インバータとレクティファイア・2)」では、四則演算等…
波形に変化を与える(デジタル・データ) - 波形というのは、一本の線で山や谷をグラフ上に描いたものですが、その線というのは…
波形に変化を与える(デジタル・データ2) - 前回「波形に変化を与える(デジタル・データ)」では、「一定時間毎に値があると、…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング) - 前回「波形に変化を与える(デジタル・データ2)」では、時間を考慮した演算をする…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング2) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング)」では、「ウェーブシェーピング…
▲Topへ▲


波形に変化を与える2

波形に変化を与える(ウェーブシェーピング3) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング2)」では、SynthEditの…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング4) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング3)」から、ウェーブシェーピング…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング5:ちょっと余談^^;) - 今回はちょっと余談を3つほど…^^;。最初の余談ですが、前回「波形に変化を与え…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング6:余談続きで…^^;) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング5:ちょっと余談^^;)」の最後…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング7) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング6:余談続きで…^^;)」の終わ…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング8) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング7)」では、数式「5*sin(x…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング9) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング8)」では、数式「5*sin(x…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング10) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング9)」では、ウェーブシェーピング…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング11) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング10)」では、入れ子的な(?)式…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング12) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング11)」では、曲線の膨らみ具合を…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング13) - これまで、数式「5*sin(x/PI)」を中心にウェーブシェーピングを紹介して…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング14) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング13)」では、数式「tanh(x…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング15) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング14)」では、数式「tanh(x…
波形に変化を与える(ウェーブシェーピング16) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング15)」では、数式「tanh(x…
波形に変化を与える(歪み系エフェクタ) - 前回「波形に変化を与える(ウェーブシェーピング16)」では、ウェーブシェーピン…
▲Topへ▲


波形に変化を与える3

波形に変化を与える(アンプ・シミュレータ) - 前回「波形に変化を与える(歪み系エフェクタ)」は、歪み系のエフェクタで波形に変…
波形に変化を与える(VSTエフェクト「JCM900」) - 前回「波形に変化を与える(アンプ・シミュレータ)」は、アンプ・シミュレータでの…
波形に変化を与える(VSTエフェクト「JCM900」2) - 前回「波形に変化を与える(VSTエフェクト「JCM900」)」は、VST(バー…
波形に変化を与える(偶関数、奇関数) - 話がちょっと前に戻るんですけども…^^;、ウェーブシェーピングに関して書いたド…
波形に変化を与える(偶関数、奇関数2) - 前回「波形に変化を与える(偶関数、奇関数)」は、偶関数、奇関数をウェーブシェー…
波形に変化を与える(偶関数、奇関数3) - 前回「波形に変化を与える(偶関数、奇関数2)」では、偶関数である2次関数「y=…
波形に変化を与える(max、min) - 前回「波形に変化を与える(偶関数、奇関数3)」の最後にmax、minについて、…
波形に変化を与える(V字と台形^^;) - 前回「波形に変化を与える(max、min)」はmin、maxの話でしたけど、偶…
波形に変化を与える(偶数倍音を自在に) - 前回「波形に変化を与える(V字と台形^^;)」では、absやmax、minを組…
波形に変化を与える(偶数倍音を自在に2) - 偶数倍音を徐々に高次に渡って発生させるということで、前回「波形に変化を与える(…
▲Topへ▲


偶数倍音列と奇数倍音列

偶数倍音列と奇数倍音列の音について - 前回「波形に変化を与える(偶数倍音を自在に2)」では、正規分布の式を使ってウェ…
偶数奇数倍音列の各音の周波数比 - 前回「偶数倍音列と奇数倍音列の音について」では、奇数倍音列と偶数倍音列には、音…
偶数倍音列と奇数倍音列の音 - 前回「偶数奇数倍音列の各音の周波数比」では、奇数倍音と偶数倍音の各音の周波数の…
偶関数+奇関数でのウェーブシェーピング - 前回「偶数倍音列と奇数倍音列の音」では、偶数倍音列と奇数倍音列の音ということで…
▲Topへ▲


Waveshaper

「Waveshaper2」と「Waveshaper」 - 前回「偶関数+奇関数でのウェーブシェーピング」は、偶関数と奇関数を足し合わせて…
Waveshaperでウェーブシェーピング - 前回「「Waveshaper2」と「Waveshaper」」の最後に「Wave…
Waveshaperでウェーブシェーピング(右端と左端の点を動かす) - 前回「Waveshaperでウェーブシェーピング」は、「Waveshaper」…
Waveshaperでウェーブシェーピング(Waveshaperのデフォルトの歪み?^^;) - 前回「Waveshaperでウェーブシェーピング(右端と左端の点を動かす)」は…
Waveshaperでウェーブシェーピング(中央付近の点を動かす) - 以前の「Waveshaperでウェーブシェーピング(右端と左端の点を動かす)」…
ウェーブシェーピングとフィルタ - 前回「Waveshaperでウェーブシェーピング(中央付近の点を動かす)」は、…
加算合成で倍音列 - 前回「ウェーブシェーピングとフィルタ」では、ウェーブシェーピングとフィルタとい…
Max/MSP「ioscbank~」モジュールで倍音列を… - 前回「加算合成で倍音列」では、加算合成で倍音列を思いのままに作り出すということ…
SynthEditで倍音列を作ってみる - 前回「Max/MSP「ioscbank~」モジュールで倍音列を…」では、Max…
倍音音量の微調整で楽器音の再現^^; - 前回「SynthEditで倍音列を作ってみる」では、SynthEditで倍音列…
楽器音とその倍音音量を真似た音との比較 - 前回「倍音音量の微調整で楽器音の再現^^;」では、倍音音量を調節して楽器音のそ…
倍音音量の調整での音作り?^^; - 前回「楽器音とその倍音音量を真似た音との比較」では、楽器音の倍音音量を真似て、…
▲Topへ▲


日本古来の音階

うめ吉さん - 最近、ピピっとくる音楽がなくって、そういう耳になっちゃったのかな?って思ったり…
猫ぢゃ猫ぢゃ - 前回「うめ吉さん」では、「うめ吉」さんということで、純邦楽とか、江戸小唄、明治…
♪月が〜出た出ぇた〜「九州炭坑節」 - 前回「猫ぢゃ猫ぢゃ」で、盆踊りは短調風旋律で…と書きましたけど、全国津々浦々に…
「九州炭坑節」−ヨナ抜き音階 - 前回「♪月が〜出た出ぇた〜「九州炭坑節」」の「九州炭坑節」ですが、古くからの地…
ヨナ抜き音階と日本古来の音階 - 前回「「九州炭坑節」−ヨナ抜き音階」では、ヨナ抜き音階云々ということを書きまし…
ヨナ抜き音階の誕生!?^^; - 前回「ヨナ抜き音階と日本古来の音階」では、ヨナ抜き音階と日本古来の音階というこ…
ヨナ抜き音階と呂音階 - 前回「ヨナ抜き音階の誕生!?^^;」で書いたようにヨナ抜き音階は、明治時代に作…
日本人と4度音程!? - 日本古来の音階というのは、太古の日本から自然発生的に出来たものもあり〜の、大陸…
日本の音階とうめ吉さんの唄 - うめ吉さんをきっかけに日本古来の音階やヨナ抜き音階に触れてみたのですが、うめ吉…
テトラコルド(テトラコード) - 以前「日本人と4度音程!?」で、日本人の好みは4度音程(!?)云々ということを…
日本古来の音階とテトラコルド - 前回「テトラコルド(テトラコード)」では、それは4音で出来ていて、一番低い音と…
日本古来の音階とピアノの鍵盤 - 前回「日本古来の音階とテトラコルド」では、日本古来の音階とテトラコルドというこ…
▲Topへ▲


沖縄民謡、古典音楽

日本古来の音階と安里屋ユンタ - 前回「日本古来の音階とピアノの鍵盤」では、日本古来の音階とピアノの鍵盤というこ…
言葉と歌と雰囲気(安里屋ユンタ) - 前回「日本古来の音階と安里屋ユンタ」で、沖縄民謡「安里屋ユンタ」が出てきました…
安里屋ユンタと安里屋節(呂音階と琉球音階) - 前回「日本古来の音階と安里屋ユンタ」に、「新安里屋ユンタ」の音階はヨナ抜きで……
ユンタと共同作業 - 以前「言葉と歌と雰囲気(安里屋ユンタ)」で、「安里屋ユンタ」の「ユンタ」という…
▲Topへ▲


三線

三線(さんしん) - 前回「ユンタと共同作業」で、八重山地方の歌には「アヨウ」「ジラバ」「ユンタ」「…
三線の調絃(ちんだみ) - 前回「三線(さんしん)」の最後に三線の基本的な調弦の「本調子(ほんちょうし)」…
にあぎ、さんさぎ…(二揚げ、三下げ) - 前回「三線の調絃(ちんだみ)」は、三線の調絃ということで、絃の合わせ方には「本…
三線の勘所(かんどころ) - 前回「にあぎ、さんさぎ…(二揚げ、三下げ)」で、「工工四(くんくんしいorくん…
勘所の位置と棹の印の位置 - 前回「三線の勘所(かんどころ)」は、三線の勘所ということで、工工四に書いてある…
「尺」の移動 - 前回「勘所の位置と棹の印の位置」では、勘所の位置と棹の印の位置ということで、そ…
一つの唄に、二つの尺 - 前回「「尺」の移動」では、勘所「尺」の位置が、調子によって移動する…ということ…
各調子の調絃と勘所のおおよその音程の図の修正 - 以前「「尺」の移動」で、紹介しました三線の各調子の調絃と勘所のおおよその音程の…
勘所について余談…^^; - 今回はちょっと余談ということで^^;。まず勘所の読み方なんですが、こんな感じと…
工工四と節歌 - 工工四は、こういう感じに「合乙…」と書いてあったりします(これは適当に書いたも…
三線の音の周波数解析 - 以前「勘所について余談…^^;」、三線の音色は絃によってちょっと違ったりという…
沖縄古典音楽と低音域 - 沖縄の歌で最初に耳にしたのはなんだろう?と、遠い記憶をたどってみると、うーん色…
三線の旋律と低音域の音 - 前回「沖縄古典音楽と低音域」、沖縄古典音楽などの楽器には、低音域の音階を出すも…
音の余韻と絃、勘所 - 前回「三線の旋律と低音域の音」の最後に三線の音の減衰は早い…ということを書きま…
動く「うめ吉」さん - 三線の話が続いていますけど^^;、そもそもは、日本古来の音階から派生した話で、…
カチャーシ(唐船どーい) - 沖縄には「カチャーシ」という言葉があって、これは踊りを表すみたいですね^^;。…
唐船どーい(嘉手苅林昌さん) - 前回「カチャーシ(唐船どーい)」では、「カチャーシ」ということで「唐船(とうし…
唐船どーい(囃子、拍子) - 歌「唐船(とうしん)どーい」ですけど、これも「安里屋ユンタ」のように囃子が入っ…
唐船どーい(三線早弾き) - 前回「唐船どーい(囃子、拍子)」の終わりに「唐船どーい」の拍子についてちょっと…
▲Topへ▲


YMO

YMO - 昔「YMO」というテクノバンドがあったのをご存知ですか?…。今頃のテクノを思い…
YMOファンになる時 - 前回「YMO」についてちょこっと書いてみたんですけども、ほんと、あれぐらいの分…
YMOとYellow Magic Orchestra - 「YMO」っていう名称は、実際「Yellow…
YMOのオリジナルアルバム - YMOのアルバムってのは、オリジナルとして11枚あるみたいですね。デビューから…
オリジナル・アルバムのようなリミックス・アルバム - YMOのオリジナルアルバムは11枚程あったりするんですが、以前書いたように、こ…
『マルティプライズ』と『X∞増殖』 - YMOのリミックス・アルバム『マルティプライズ』のジャケット・デザインは、メン…
『X∞増殖』と『サービス』 - YMOのアルバム『X∞増殖』は、企画物アルバムということで、曲だけを収録してい…
『X∞増殖』と『パブリック・プレッシャー供 - アルバム『X∞増殖』は、前にも書いたようにスネークマン・ショーのコントが曲間に…
宇宙人YMO - YMOの4枚目のアルバム『X∞増殖』は、わりと短期間で作られたものだったという…
YMOの1980年 - 前回の「宇宙人YMO」で、『X∞増殖』を中心にYMOの活動をチラッと書いてみた…
アルバム『BGM』 - とっても忙しかった1980年のYMOでしたが、翌年81年は、1月15日から5枚…
▲Topへ▲


デジタル・オーディオ・ワークステーション

DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション) - 曲を作り始めた頃、使っていた機材といえば、キーボード、ステレオのテレコ(テープ…
▲Topへ▲


メロディーパイプ

メロディーパイプ - 8月は、うだる暑さとか、セミの鳴き声とか、蚊とか、海水浴とか…色々なところから…
▲Topへ▲


Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.