×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レコードノイズとデジタルノイズ

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > ノイズ
次は 周波数



レコードノイズとデジタルノイズ


昔、プライベートで「自分の好みの音楽を聴く」と言えば、レコードとかカセットテープといったアナログメディアでしたよね(古い)^^。今から考えるとノイズが多かったですね^^;。買ってきたばかりのレコードでも、曲間の音のない部分では、ほのかにプチプチといったノイズが聴こえてました^^;。レコードスプレーをかけてホコリを拭き取ってもノイズはありましたよね(笑)

テープには、ノーマル、ハイ、メタル等の種類(ポジション)があって、安いノーマルでは、ヒス・ノイズが目だってましたよね。更にノイズを軽減するために、ドルビーをかけたり、録再ヘッドの消磁やクリーニング、録音レベルにも気を使ったりしてました。ノイズのあることが普通の時代でしたね。

それが、今ではデジタルに変わって^^、レコードノイズに悩まされることはなくなり、クリーニングする手間も無くなってしまいました^^;。CD盤面に傷や、ホコリがあっても「問題なし」ってことが多いですよね。レコーディング機材もデジタルだし、ノイズが入るのは、マイク録音時や、外部エフェクタ使用時、低いビット数にデータ変換する時なんかですかね?(デジタルに変換すると、全ての周波数帯に極僅かのノイズが入ってしまうのかなと思ったりしますが…^^;多分)。こういったデジタル時代では、アナログ時代の「ノイズ軽減」という意識が殆ど無いですね。

でも、デジタルもノイズを生む時があるんですよね。デジタルのデータが壊れてしまうと、瞬間に波形が大変動したりするので^^、強烈に鋭いノイズになったりします。アナログ時代のノイズなんか比べ物にならないです。ヘッドホンで聴いてたりするととても耳が痛いです…。別次元のノイズって感じです^^;。音がクリアーになればなるほど、そういうノイズは目立ちます。




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!