×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音の編集の今昔^^;

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > 波形編集ソフトウェア
次は デジタル・オーディオ・ワークステーション



音の編集の今昔^^;


デジタルというのは、アナログのような連続した量ではなくって、サンプリング毎の「数字」の並びだったりしますね。なので、グラフで、横軸を時間、縦軸をサンプリング毎の数字として、図的に表現すると「等間隔に点が並んでいる」って感じになるんでしょうね^^;。その等間隔というのは、サンプリング周波数で決まるんですよね。また、数値の範囲は、ビット数によりますね。

ところで、音楽を作ってたりすると、音の編集ということを、たまにやったりするのですが、昔の「アナログ磁気テープ」の時代では、編集したい箇所に、はさみを入れて、スプライシング・テープというもので貼り付ける、といったことをやっていたそうですね。オープン・リールって、最近は見かけないですけど、今でもやっている人はやってるんでしょうね^^。テープに波形が見えているわけでもなく、キッチリ編集するといったことは、とても技術のいることなんでしょうね。

私は、その時代、そういうスキルが無かったので^^;(というかきっちり編集する必要もなかったので^^;)、編集といえば、多チャンネルの録音・再生が可能な、マルチ・トラック・レコーダ(4chしかなかったですが^^;)というものを使っていました。それでは、ピンポン(複数のトラックを一つのトラックにまとめる)とか、ダビング(他のテレコ^^;から録音する)とかいったものぐらいしかやってなかったです^^;。逆再生させたり、テープを押さえて、再生速度を変えたりとか出来て面白かったですよ^^;。その後「MIDI」という、電子楽器をデジタル信号で制御する規格が出てきて、「MIDIシーケンサ」というMIDIデータを再生する機械で、編集するようになっていきましたが…^^;

最近は、そういう編集はパソコンですね。「波形編集」というソフトがあり、細かい所まで波形を表示出来たりして、編集も簡単ですね。デジタルなので、サンプル単位とか、キッチリした時間で、切り貼りすることが出来ますね。使ったことのある人だと、音の波形を見たりすることもあったりすると思いますが、最初に書いたように、デジタルは、サンプリング毎の「数字」の並びなので、サンプル単位とかで表示すると、ホントは、サンプル毎の点の並びになるハズなんですが、点と点の間を軸に平行な線で結んで、階段みたいな感じで表示したりしますね。何だかカクカクしていて、音が間引かれているなぁ〜デジタルだなぁ〜って感じがしたりしますね^^;




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!