×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

VST(バーチャル・スタジオ・テクノロジ)

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > VST(SynthEdit)
次は シンセサイザ



VST(バーチャル・スタジオ・テクノロジ)


DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)」で出てきました「VST(バーチャル・スタジオ・テクノロジ)」というものについてなのですが、これは、DAWだけではなく、波形編集のソフトウェアで、使えるものもあるんですね^^;。音を加工するためのエフェクタとして使うんだと思いますが、VSTだと、色んな種類のエフェクタを沢山、揃えられたりするので、便利かもしれないですね^^;

ところで、このVSTには、VSTインストゥルメントというのと、VSTエフェクトというものがあって(他にもあるのかな^^;?)、DAWなどの、VSTを扱えるソフトウェア上で、MIDI音源として使えたり、エフェクタとして音を加工したり出来るものなんです。なので、DAW上のMIDIデータをVSTインストゥルメントで鳴らしたり、その音をVSTエフェクトで加工したり、実際の音のデータをVSTエフェクトに通したりすることも出来ます。VSTを扱えるソフト・ウェアってのは、ドイツのスタインバーグ社の「Cubase(キューベース)」というものなどがあり(VSTの規格を作り、普及されたのもこの会社だとか^^;)、世界各国でプロ・アマ問わず音楽製作に使っている人は多いみたいですね^^;

また、VSTインストゥルメントやVSTエフェクトを作って販売している会社もいろいろあり、種類が豊富です。でも、VSTはそういうシェアウェアだけではなく、SDK(ソフトウェア・ディベロップメント・キット)という、VSTを作るツールをフリーで提供しているようで、プログラミングの出来る環境があれば、VSTを作ることも可能だそうです。世界各国には、音楽にも長けてて、プログラミングに長けている人たちが沢山いるようで、自分で制作したVSTをフリーウェアとして提供してたりします。探すとほんと物凄い数あり、たまにシェアウェアよりも凄そうっていうのもあったりします。そういうのも、DAWを盛り立ててたりするのかな?って思ったりします^^;

ところで、DAWのフリーソフトってのもあるんだと思いますが(私は知らないのですが)、「SynthEdit」というソフトがあって、これは、VSTを使うことの出来るフリーソフトなんです^^。でも、これは、VSTを作るソフトウェアなので、トラックというものは無かったりしますが…^^;




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!