×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マルチ・エフェクタ

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > エフェクタ
次は 波形編集ソフトウェア



マルチ・エフェクタ


BOSS社のデジタル・ディレイ「DE-200」は、デジタルへ変換した後の数値の扱いが12ビットなんですね。CDは16ビットを使ってたりするので、音のキメが荒くなりますね。そういうところも音に「暖かさ」を感じさせるところなんですかね?。アナログ→デジタル→アナログの処理で色々音の変化があったりするんでしょうね^^;。因みに、ビット数を落としたりするとロー・ファイ(低忠実度、ハイ・ファイの逆)といわれる音になったりしますね。何か存在感のある「太い」音になったりするそうですね。そのためか、今でも「DE-200が好きだ」と言う人はいるみたいですね。アナログとデジタルの混在がそういう音にするんでしょうかね?懐かしい音です。

そういう、一つのエフェクタに、一つのエフェクトというものが、今も昔もあったりするんですが、一つのエフェクタに、複数のエフェクトを内臓した「マルチ・エフェクタ」というものが、80年代中頃?から出てくるのですよね。その頃は、YAMAHA社のSPXシリーズが出てたんですかね?、リバーブ、ディレイ、コーラス、ディストーション…といったものが内臓されていました。すぐに実践で使えるように50個程、エフェクトの設定がプリ・セットされていて、例えば「ホール・リバーブ」とか「キャニオン」といった名前で記憶されていました。それらは、音場をシミュレートしたもので「キャニオン」では、グランド・キャニオンみたく広大な大地の雰囲気を醸し出すような、物凄く深いリバーブが設定してありましたよ^^;

また「複数のエフェクトを直列でつないだ状態」でも使えるようになっていました。例えば「ディストーション→コーラス→ディレイ→リバーブ」といった並びで設定されており、プリ・セットの一つとして提供されていました。通常、それらを実現する場合は、単体のエフェクタを幾つものケーブルでつなぐといった作業があったり、ノイズに悩まされたりってことがあったんですが、マルチ・エフェクタでは、それを内部で実現してしまうので、音質の劣化もなく、手間隙省けるということなんです^^;

しかし、内部で複数のエフェクトをつなぐといっても、常に同じエフェクトを使うことになるので、下手すると飽きてしまうといった面も持っていたのかもですね。私は、あまり4段つなぎのエフェクトは使わなかったように記憶しています(使いこなせなかったかもですけど^^;)。しかし、個々のエフェクトを細かく設定出来るようになっていましたよ^^;



Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!