×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

真空管と太陽系!?^^;

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > 真空管
次は エフェクタ



真空管と太陽系!?^^;


真空管で宇宙の響き^^;」では、真空管の中の響きは、宇宙の響きかもってことでしたが^^;;;。いやはや、宇宙はでっかい真空管とも考えられたりして…?^^;。そうそう、三極の真空管の3つの電極は『カソード』(熱して電子を出す電極)、『グリッド』(マイナスの電圧にして、増幅信号を入れる電極)、『プレート』(プラスの電圧にして電子を受け取る電極)というそうですが、惑星とか星ってのは、それぞれ、それらの電極と仮定出来たりして…^^;

太陽系で言えば、太陽を、熱せられる『カソード』電極として、地球とかの惑星は、プラスの電圧をかけられている『プレート』電極、月などの衛星は『グリッド』です(無理あるなぁ^^;)。真空管で起こってることを、当てはめると…。太陽から電子が放出され、地球とかの惑星に、それが飛んでくるんですよね。地球から太陽へ、電気が流れてたりするのかもですね^^;。月などの衛星が、惑星の前を横切ることで(真空管の『グリッド』は動かないと思いますが^^;)、惑星に届く電子の量を変化させているとか…。他の惑星にも衛星があったりするので、同じようなことが起きていたり…^^;。でも、真空管では、各電極は、電源に繋がっていたりします。太陽系真空管では…電源なしですかね?^^;。余談ですが、そこにフレミングの法則なんかもあったりすると(!?)、惑星を動かすエンジンとなってたり…^^;。そういえば最近宇宙ヨットとかあったりしますね。

ところで、太陽の活動が活発になると、地球の周りの磁場が?強化されるそうだから、逆に真空管の中の話に置き換えると、プラスの電極の周りの磁場?が強化されたりして^^;。そういうのも真空管アンプの特性になってたりするのかなぁ〜?。かなり取り留め無い話になりましたが、ここで、真空管とはどんな形状をしているのかってことで、こんなのを作ってみました。



- 真空管ちょっとだけギャラリー -


  • 品番は『12AX7』だそうです。




品番は『12AX7』だそうです。最初はソケットから抜いた状態です。これは、9本足なんだそうですね。双三極管だとかで、中には、三極が2対入っているみたいです。後半はソケットに差し込んで電源ON/OFFしています。ヒーターでカソードが熱せられているんでしょうね、仄かに赤く点っています。見えませんが、この中で、電子が飛んでたりするんでしょうね^^;。真空管の形は様々で、球型やナス型、まっすぐな筒型、太いもの、細いもの、色々あるそうです^^




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!