×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エンベロープ・フォロア(Peak Follower)の波形

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > シンセサイザ
次は 変調



エンベロープ・フォロア(Peak Follower)の波形


エンベロープ・フォロアは、ギター等の「ワウワウ」の効果にも使ったりするようですね。シンセサイザでは、自身でエンベロープを作りだしているので、EGの信号を使ったりするみたいですね。鍵盤を弾いたと同時に「ワウ」と鳴ってくれたりします^^;。また、VCA用のEGではなく、VCF用のEGを別に用意してたりします。VCAのEGを「エンベロープ・フォロア」で追従するってのも、面白いかもしれないですね。

ところで、話を少し戻して、ギターの波形を「エンベロープ・フォロア」で追従した時「エンベロープ・フォロア」の出す信号というのは、どういった感じになるのか?なんですが^^;。音の波形ってのは、普通、0を中心として、正の方向、負の方向へ行ったり来たりしていますよね^^。例えば、440Hzの「ラ」のサイン波では、1秒間に440回、行ったり来たりです。ギターの波形も同様です。それを「エンベロープ・フォロア」で忠実に追従し「ワウワウ」の効果をかけたとすると、440Hzの「ラ」の音では、1秒間に440回「ワウワウ…」って鳴る事になるので、恐らく「ワウ」って感じには聴こえないと思うのですよね^^;。1秒間に1回ぐらいなら「ワウ」って認識出来るかもですね^^;

「エンベロープ・フォロア」は「追従する度合い」を調節出来たりします。細かく追っかけたり、大まかに追っかけたり…。「ワウワウ」だと、大まかな方がいいみたいですね^^;。そういえば、オーディオ機器のデジタル式ピーク・メータってのがあったりしますけど、最大音量をしばらく保持して表示したりします。メータ自身は、めまぐるしく動いていますが、最大音量の表示は、次にその音量を越すような音量がくるまで、2〜3秒間、その値を保持してたりします。これに似てたりしますね(同じかもですけど^^;)。

SynthEditでは「Peak Follower」というモジュールで実現出来たりします。これで、ギターの音を追従してみると、その波形は、こんな感じになります。



- ピーク・フォロアでギター波形を追ってみる -


  • ギターの波形と、それをSynthEditの「Peak Follower」モジュールに入力し、
  • 出力した波形との比較をしてみました(ちょっと、ズレてたりしますが^^;)。
  • 5秒間の波形の図と、9ミリ秒の波形の図を順に表示しています。
  • 青の線がギターの波形です。
  • 赤の線が「Peak Follower」の出力波形です。




最初は5秒間の波形の表示です。続いてその波形を拡大し、9ミリ秒間を表示しています。5秒間を見ると、音量のピークを追っかけているように見えますが、9ミリ秒間だと、追っかけつつ、次のピークが来て、それをまた追っかけてたりしますね^^;。「Peak Follower」は常に、入ってくる値を正の値にして判定しているようですね。




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!