×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FFTを使ったボコーダの音

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > ボコーダ
次は メロディー・パイプ



FFTを使ったボコーダの音


「ボコーダ」の効果を、音の周波数分布からみると、音から音へ、それをコピーしているといった感じですね。コピーするのに「バンド・パス・フィルタ」と「エンベロープ・フォロア」を使ったりします。この「バンド・パス・フィルタ」を、2〜30個の周波数域(バンド)に分けて、並列処理するようですが、フィルタのキレ(ポール数)(参考「フィルタ(ポール、レゾナンス)について」)によって、各バンドの周波数域の両端で、音の重複が大きくなったり、小さくなったりするのかなと思ったりします(参考図)。



- 6バンドのバンド・パス・フィルタ(?) -

6バンドのバンド・パス・フィルタ(?)

  • ホワイト・ノイズを並列つなぎで6つの「バンド・パス・フィルタ」に通しミックスしたもの
  • (中心周波数は、それぞれ110、220、440、880、1760Hz)




バンド数が少なかったり、重複が多かったりすると、正確なコピーが出来ず、少々聴きづらくなるのかな?と思ったりしますが、音楽の中でのロボット・ボイスや、映画の中での擬似的な宇宙人の声とかでは、この状態の方が魅力を感じますね^^;

ところで、以前『FFTフィルタ』でFFTの複雑な演算を行うと、一定幅の周波数ごと(0〜20Hz、20〜40Hz…といった感じ)に音の大きさが求まります瓩判颪ましたが、FFTも「バンド・パス・フィルタ」の集まりとも考えられたりしますよね(!?^^;)。なので、音源を、FFTで各周波数域に分けて、片方の各音量変化を、もう片方の音量変化へ、コピーするといったことが出来たりします。また、FFTだと、各バンドの周波数域の両端で音が重複することはかなり少なくなるようですね。更に、バンド数も512、1024等と、細かくすることが出来たりします。かなり正確にコピーが出来るということですね^^

という感じで、声のサンプルを使って「ド」の音で喋らせてみました。こんな感じです。





FFTを使ったボコーダの音
FFTを使ったボコーダの音のmp3ファイル


  • 声のサンプルをFFTを使ったボコーダにいれ、シンセサイザの単音(「ド」の音)で真似ています。
  • FFTのブロックサイズ(FFT段数、FFTサイズ)は2048です(1024バンドのボコーダ!?)
  • mp3ファイルです。




因みに周波数域を1024個に分けています。同じ「ド」の音で喋らせた「バンド・パス・フィルタ」と「エンベロープ・フォロア」のボコーダの音(単音)と聞き比べてみてくださいね^^。





ボコーダの音(単音)
ボコーダの音(単音)のmp3ファイル


  • 声のサンプルをボコーダにいれ、シンセサイザの単音(「ド」の音)で真似ています。
  • 10バンドのボコーダの音です。
  • mp3ファイルです。




FFTのボコーダの方が、かなり原音が出ている感じがしますけど、どうでしょうか?^^;。前者は細く、後者は太い、という感じもしますね^^;




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!