×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ビブラート」「ワウワウ」「トレモロ」で変調^^;

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > シンセサイザ
次は 変調



「ビブラート」「ワウワウ」「トレモロ」で変調^^;


話をちょっと前に戻しまして…^^;。以前、シンセサイザで、LFO(ロー・フリケンシ・オシレータ)を使うと「ビブラート」「ワウワウ」「トレモロ」の効果を作り出せるということで書きました。LFOは、名前の通り、低い周波数で動作させるものですが、これを高い周波数で動作させると、これらの効果がどういったものに変わっていくかってことで、話を進めてみたいと思います^^;(ってどう進んじゃうかわからないですけど^^;)。因みに、そういったことをしているシンセサイザというのは、既に沢山あったりします。また、そういうシンセサイザでは、LFOとは別に、それ用のオシレータを備えてたりします。

まず「ビブラート」なんですが、これは、音を作り出すオシレータの周波数をLFOで、微妙に変化させたものですよね^^;。その原理は、例えば、440Hzの「ラ」の音を出している時に、その音を440Hzを中心に、0.5秒毎に±5Hzの範囲ぐらいで行ったり来たりさせる、といったものです。それにより、音に揺らぎが出て、深くかけると、原音とは異なる音にも聴こえたりします。この音程の「行ったり来たり」を、高速にかつ、より広い範囲で、変化させるんです^^。例えば、先の「ラ」の音と同じ440Hz(=約0.002秒毎)で、±440Hzの範囲で行ったり来たりさせます。すると、多くの倍音が発生し、原音とは全然違った音になったりします。これは、周波数変調(フリケンシ・モジュレーション)というもので、FM変調とか言ったりします。シンセサイザの音を作り出す方式の一つになっていて、FM音源という名前だったりします。

ワウワウ」は、フィルタのカットオフ周波数をLFOで、微妙に変化させたものですが。これも高速に、かつ、大きく変化させると、先のFM変調と同じように変調し、音が大きく変わります。(なんという名前の変調なのか知らないのですが…^^;)。ロー・パスとか、ハイ・パス等、フィルタを変えると、音も変わります。

トレモロ」は、音量をLFOで、微妙に変化させたものですが、これも先の2つの効果と同様で、振幅変調(アンプリチュード・モジュレーション:AM変調)というそうです。また、振幅変調の音量変化具合を少し変えると、リング変調(リング・モジュレーション:RM変調)というものになったりします。AM変調と、RM変調は、同じく音量を変化させたものですが、音は異なります。




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!