×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FM変調での音作り

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > 変調
次は 波形に変化を与える1



FM変調での音作り


これまでのFM変調の話では、オシレータの波形をサイン波として話を進めていましたけども(モデルとしては、扱いやすいので^^;)、波形は、特にサイン波でなくってもよくって^^;、三角波や、ノコギリ波、パルス波等、何を使ってもFM変調は出来たりします(FM放送などのFM変調では、キャリアにサイン波を使うのかな?)。また、シンセサイザの波形だけでなく、自然界の音をサンプリングして、それを波形にしてもいいし、ノイズでもいいし、色々と出来ますね。ただ、複雑な波形ほど、出てくる音も複雑になる傾向もあったりしますね。どんな音に変わるのかは想像しにくいです(それが面白いというのもあるかもしれないですが…^^;)。因みに変調しすぎると、すぐに、多くの部分音が発生し、また、それらが高音域に集まったりするので、FMラジオの「ザー」っていう雑音のような「耳が痛い音」になったりします^^;

そういった感じで、FM変調を使ったシンセサイザは、サイン波のような一つの倍音しか持たない音から、豊富に倍音、部分音を含む音までを、少ないオシレータだけで幅広く作り出せたりするので、便利だったりしますね。少ないオシレータで済むということは、あれこれ設定をしなくっても出来るということなんですが(そうでもなかったり…^^;)、でも、無闇に変調してしまいがちで、なかなか思うようにはいかなかったりします^^;

この音域にこのぐらい倍音が欲しいといった感じならば、音の制御をしやすいように、2つのオシレータ(キャリアとモジュレータの組)を使って、波形もサイン波のような単純な波形にして、少しずつ変調して、音を確認しながら作るといいのかもしれないですね。また、音域で、足りない所があれば、もう一つ、キャリアとモジュレータの組を並行して使って補強したり、直列つなぎしたり…。あまり多くすると、波形も複雑になったりするので、先に書いたように、ノイズっぽい音になっていったりしますが…^^;

後、FM変調で倍音列や、部分音の集まりだけを作りだしても、あまり「おっ!」と思うような音にはならなかったりします。通常、楽器の音ってのは、楽器を弾いた瞬間の音→楽器全体での共鳴→余韻みたいな感じで(必ずしもこうではないですが^^;)、時間経過と共に音色が変化するので、FM変調のシンセサイザでも、エンベロープ・ジェネレータ等を使い、時間経過と共に、音量、変調具合を変化させたり、フィルタで加工をしたりします。




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!