×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

波形に変化を与える(デジタル・データ)

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > 波形に変化を与える1
次は 波形に変化を与える2



波形に変化を与える(デジタル・データ)


波形というのは、一本の線で山や谷をグラフ上に描いたものですが、その線というのは、瞬間の瞬間の振幅の集まりだったりしますね。アナログの世界では、その瞬間と次の瞬間の間に、更に小さい瞬間があって…って感じで無限に時間を細かく出来たりするんでしょうね(恐らく音を伝える物質の振動しうる最小時間までなのかな?)。一方、デジタルでは、アナログの連続した音を「一定時間間隔でサンプリング」ということをしていて、その時、どのぐらいの間隔で音をサンプリングするかということで、サンプリング周波数というのがあったりします。

例えば、CD音質といわれるものでは、1秒間を44100分割したりします。1秒間に44100個の「瞬間」があるということですよね^^;(参考「サンプル単位のディレイ」)。で、その一つ一つが確定した値になっていて、その値の範囲も、ビット数なんかで決まってきます(参考「ビット数」)。

こういう感じに^^;、デジタルでは、一定時間ごとに値があるんです。話はちょっと違うけど、ノートの角っこに、複数ページに渡り、少しずつ移動する絵を描いておいて、一気にペラペラして見ると、絵が動いているように見えますね(ペラペラ漫画です…^^;)。デジタルもそんな感じだったり…^^;。一つ一つは、単なる数値なんですが、連続して鳴らすと音になって聴こえてきます。

話がそれました…^^;。そういう感じで、一定時間毎に値があると、時間を考慮した演算もしやすかったりするようです。クリップやインバータ、レクティファイア等のモジュールは、入って来た信号に対して順次、演算している感じで、今、現在処理している音しか扱ってなかったりします^^;。さてはて、時間を考慮すると、どういう演算が出来るのか?ですね^^;




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!