×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

波形に変化を与える(max、min)

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > 波形に変化を与える3
次は 偶数倍音列と奇数倍音列



波形に変化を与える(max、min)


前回「波形に変化を与える(偶関数、奇関数3)」の最後にmax、minについて、端折って書いてしまいましたが、どちらも2値の比較を行う演算子で、max(a,b)、min(a,b)というような感じで、2つのパラメータ使って書いたりします。それらのパラメータについて、maxは大きい方を、minは小さい方を値として出すということでした。それらのパラメータには、定数や式を使えるので、例えば、「y=max(x,5)」という数式も書けたりします。この式は、xと5を比較して、その大きい方が、yの値になるということなんです。これを応用すると台形的な線も書けたりします。

例えば、前回「波形に変化を与える(偶関数、奇関数3)」の、絶対値を使った式「y=abs(x)」のグラフは、V字型の線になりますが、



- 絶対値を使った式「y=abs(x)」の線 -


  • y=xのxに絶対値をつけたy=abs(x)の式のグラフです。
  • 絶対値は、マイナスの値をプラスの値にするので、x<0の範囲でグラフがプラス側に行きます。
  • y=abs(x)はy軸対称なので、偶関数になります。




これにmaxを使って「y=max(abs(x),2)」とすると、abs(x)と2を比較し、その大きい方を取ることになります。こんな感じのグラフになります。



- max関数を使った式「y=max(abs(x),2)」の線 -


  • max関数は、2値の比較で大きい方を値として出します。max(a,b)という感じで使います^^;
  • 「y=max(abs(x),2)」では、2値、abs(x)と2の大きい方を出す事になります。
  • 「abs(x)」は、-2<x<2の範囲で、2値の後ろの値「2」よりも小さくなるので、
  • その間の「y=max(abs(x),2)」のy値は、2となります。
  • max関数は、グラフの最小値の制限を設定するといった意味でも使うことが出来ます。




-2≦x≦2の範囲では、abs(x)の線が2より小さくなるので、その部分は2となります。なので、その部分がx軸と平行な線になるんです。形としては、上下が逆ですけど、台形的な線になってたりしますよね^^;。余談ですが、minを使って「y=min(-abs(x),-2)」とすると上記の図の線が逆になって台形的に見えたりするかもですね^^;

という感じで、maxとかminを使うと、線をクリップし、振幅の範囲を制限できたりします。maxは、線の下限値を決めるのに使い、minは、線の上限値を決めるのに使うことが出来ますね。maxとminを組み合わせるて使うことも出来るので、線の上限、下限を決めることが出来ます。例えば「y=min(max(式,-5),5)」という感じに書くと「式」の値の上限を5、下限を-5とすることが出来ます。-5〜5の範囲外の値を取る「式」を制限出来るので、ウェーブシェーピングでの音量増大を防ぐ事も出来たりします^^




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!