×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Waveshaperでウェーブシェーピング

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > Waveshaper
次は 日本古来の音階



Waveshaperでウェーブシェーピング


前回「「Waveshaper2」と「Waveshaper」」の最後に「Waveshaper」が出てきましたが、これは、実際こんなモジュールだったりします。



- SynthEdit「Waveshaper」モジュールについて -

SynthEdit「Waveshaper」モジュールについて
  • SynthEditの「Waveshper」モジュールを3つ並べてたところです(サイズを大きくしています^^;)
  • 左端は、デフォルトの状態、真ん中は、適当に点を動かした状態
  • 右端は、座標(0,0)にあった点を座標(0,5)に動かしているところ
  • デフォルトでは、11個の点が直線「y=x」上にあります。
  • 点を動かすと、点と点をむずぶ線も動きます。
  • 点を動かす時には、グラフ表示の左上に座標を表示します。
  • 「Waveshaper2」と同じく11個の点で作りだした線でウェーブシェーピングをします。




(3つ並べたところです。左端の図はデフォルトの状態で、真ん中は適当に点を移動させたもの、右端は座標(0,0)にあった点を座標(0,5)に動かしたものです。)。「Waveshaper2」と同じくグラフ表示があり、入力した信号をグラフ上の線でウェーブシェーピングするモジュールです。「Waveshaper2」と違うところは、線の指定です。数式で指定するのではなく、点を動かす事により指定します。左端から右端まで直線「y=x」上に、11個の緑の四角の点を配置していますが、これをマウスで上下左右に動かす事が出来ます。点を動かすと点と点を結んでいる線も動きます。先の右端の図がそうなんですが、点を動かしている時にはグラフ表示の左上にxy座標の位置を表示するので、適当な位置に置く事が出来たりします。

と言う感じの「Waveshaper」です^^;。点をあれこれ動かすと色んなウェーブシェーピングが出来たりして、面白い音も発見出来たりしますけど、ノイズっぽい濁った音になることが多かったりします。なので、一点に着目して少しずつ動かしてみるといいかもですよね。例えば、デフォルトでは点を直線「y=x」上に配置してありますが、その一番右端の座標(5,5)にある点を上下に動かすとかです。因みに、その左隣の点が座標(4,4)にあるので、右端の点を動かすということは、入力波形の振幅4〜5の部分が変化するということになります。

入力する波形をサイン波440Hzとして、「Waveshaper」に入れると、デフォルトでも若干倍音が出ますけど、それは置いといて^^;、右端の点を次第に下げていきます。すると、下に0.5だけ動かした座標(5,4.9)の時でも倍音の音量が大きくなります。サイン波の「ポー」という音に、小さく「ビー」という音が加わってくる感じです^^;。更に下げて座標(5,0)にくると、かなり「ビー」という音が大きくなり、一番下の座標(5,-5)にすると「ポー」が聴き取れなくなるほどに「ビー」が大きくなります。

一番下の座標(5,-5)へ動かした時の線と波形と、倍音の周波数分布は、こんな感じになります。



- 「Waveshaper」の1点のみを動かしウェーブシェーピング -

「Waveshaper」の1点のみを動かしウェーブシェーピング (waveshaper2画像) 「Waveshaper」の1点のみを動かしウェーブシェーピング (周波数分布図)
  • 11個ある点のうち、右端にある点を座標(5,-5)へ動かした時のウェーブシェーピングです。
  • 入力信号はサイン波440Hzとしています。
  • 右端の点を動かす事は、xの4〜5の範囲で線が変化するということなので、
  • 入力信号の振幅4〜5の範囲のみがウェーブシェーピングすることになります。
  • 偶数奇数の倍音を発生します。座標(5,4.9)へ動かしただけで倍音音量が大きくなってきます。
  • 「Waveshaper」では、デフォルトの状態でもなぜか若干の倍音を発生します^^;




倍音は、偶数奇数ともにあり、音量は高域ほど小さくなってますね。サイン波の振幅4〜5の部分が大きく凹んでますね^^;



Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!