×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Waveshaperでウェーブシェーピング(右端と左端の点を動かす)

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > Waveshaper
次は 日本古来の音階



Waveshaperでウェーブシェーピング(右端と左端の点を動かす)


前回「Waveshaperでウェーブシェーピング」は、「Waveshaper」でウェーブシェーピングということで、11個ある点のうち、一番右端にある点を上下させるとどうなるのか?ってことでした。サイン波を入力すると、奇数偶数の倍音を発生しました。波形をみると、入力波形の振幅4〜5のところだけが凹み、点の位置を下にするほど、その部分の凹みが大きくなってましたね^^;

でも、その波形、なんだか無理に作り出されたものって感じもしますね(でもない?^^;)…各倍音の位相が揃ってない音だったりするんでしょうね。同じ倍音構成でも位相が揃っていたら、こういう波形にはならないと思ったりします。因みに「位相は、音色に若干の影響を与える」という話をどこかで聞いたような気もします。また、こういう波形はどうなんでしょうね?。わからないですけど、他の音と混ぜた時に、影響を与えてしまって音の打ち消しあいが発生したり、逆に共振したり?、また、直流成分を発生させやすいとか…そういったこともあったりして!?。さてはてどうなんでしょうね?^^;

ところで、余談なんですが、SynthEditは、VST(バーチャル・スタジオ・テクノロジ)のシンセサイザやエフェクタを作る事が出来るので、その中に「Waveshaper」を使うことも出来たりします。それを操作パネル?上に表示させれば、11個の点を動かす事も出来、その点の位置を音色毎やエフェクト毎に記憶することも出来たりします。でも、その点の動きを記憶して、再生時にその動きを再現してくれるオートメーションでは、動かせなかったりします(パラメータは出てくるんですが…って動かないのは私の使っている音楽作成ツールだけがそうなのかもしれないですけど^^;)。なので、トラックをWAVファイルに書き出している途中で、点の位置を微妙に変化させる等といったことは出来ないみたいですね。SynthEditのSDK(ソフトウェア・ディベロップメント・キット)で「Waveshaper」的なものを作るといいかもですね^^;

話を戻して、先ほどは「Waveshaper」の11個ある点のうち、一番右端を動かしましたが、一番左端を動かしても同じ変化になるんでしょうね(って、サイン波の波形のように振幅のプラス側、マイナス側で同じ形になる場合だけですが^^;)。この場合、振幅の-5〜-4の部分に変化が現れます。サイン波を入力して、左端の点を上げると、サイン波の谷の一部が上側に盛り上がります。右端の点を動かした時の波形を原点を中心に180度回転したものになります。




Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!