×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Max/MSP「ioscbank~」モジュールで倍音列を…

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > Waveshaper
次は 日本古来の音階



Max/MSP「ioscbank~」モジュールで倍音列を…


前回「加算合成で倍音列」では、加算合成で倍音列を思いのままに作り出すということで、複数のオシレータを使ってみるということでした。しかし、数十個のオシレータを並べるとCPU負荷が高くなるということで、これまた超高速PCの登場を待たなければならないのでしょうか…?ってところですね。それならば、ノコギリ波の出す奇数偶数の倍音列をフィルタで加工したほうがいい感じですね。

ところで、SynthEditのようにモジュール・タイプで音響合成の出来るソフトウェアに「Max/MSP」というのがあったりします(シェアウェアです)。これに「ioscbank~」というモジュールがあるんですけど、このモジュールは、複数個のオシレータ(デフォルトでは64個みたいです)を使って様々な周波数のサイン波の合成波形を出してくれるそうです。オシレータのモジュールをずらっと並べなくても、このモジュールだけで出来るみたいですね。周波数と音量は一つ一つ設定するので面倒みたいですが、「Max/MSP」には、複数の数値を図形的に入力できるモジュールとかもあるので、マウスだけで設定出来そうですね。

しかし、この「ioscbank~」モジュールは、デフォルトで64個のオシレータを合わせたものと同じ波形を出すので、CPU負荷も高くなりそうですよね。でも、高くならないそうですよ。どういう仕組みで波形を作りだしているのか詳しくは知らないのですが、なんでも、演算で複数のサイン波を合成して波形を作り出し、それを鳴らしているとかですね。ということは、周波数や音量を設定した時にだけ、波形を演算で作りだせばいいですよね。その作り出した波形はメモリに入れておいて、鳴らす時には、そこから呼び出せばいいですよね(でも、短時間に設定を変えると、CPU負荷が高くなりそうですよね)。通常、SynthEditで使っているのオシレータでも、そのつど計算するのではなく、恐らくあらかじめサイン波のサンプルをメモリに入れておいて、それを周波数に応じて、圧縮伸張して?使ってたりするんでしょうね(多分ですが^^;)。

と言う感じで「ioscbank~」みたいなモジュールがあれば、CPU負荷を気にする事もなく、思いのままに倍音列を作り出せるのかな?と思ったりします。SynthEditにも「ioscbank~」みたいなモジュールがあるといいですね。因みに「Max/MSP」に似たフリーのソフトウェアに「Pure Data」というのがあったりしますけど、残念ながら「ioscbank~」みたいなモジュールはないみたいですね。



Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!