×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヨナ抜き音階と日本古来の音階

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > 日本古来の音階
次は 沖縄民謡、古典音楽



ヨナ抜き音階と日本古来の音階


前回「「九州炭坑節」−ヨナ抜き音階」では、ヨナ抜き音階云々ということを書きましたが、日本におけるこの音階は、古くからあるものではなく、明治時代に作られたものなんだそうですね。詳しい話はよくは知らないのですけども、調べてみると、そうみたいですね^^;。日本には、明治時代より前からだと思いますが、陽音階、陰音階、琉球(沖縄)音階、民謡音階、律音階、呂(りょ)音階などがあったそうですね。田舎節音階とか都節(みやこぶし)音階というものもあるそうですが、前者は陽音階と、後者は陰音階と、ほぼ同じだそうですね。それぞれが5音階…5つの音で構成されているそうです。因みにそういう5音で作られる音階をペンタトニックというそうですね。ペンタというのは、5という意味らしいです。トニックは主音かな?^^;

ということは、明治以前の日本の人々は、5音しか知らなかったのかな!?…ってことではなくって^^;、日本古来の音階の5音は、それぞれ構成音が少しずつ違うので、それぞれの音階を並べて表にしてみると、



- 日本古来の音階とヨナ抜き音階 -


  • 日本古来の音階の陽音階、陰音階、琉球(沖縄)音階、民謡音階、律音階、呂(りょ)音階とヨナ抜き長音階、ヨナ抜き短音階を表にしてみたものです。
  • ヨナ抜き音階は明治の頃に作った音階だそうですね^^;。表中の黒い丸「●」と二重丸「◎」は、音階を構成する音です。
  • 括弧でくくっているところは、旋律の上行、下行で音を使い分けているものを表しています。括弧()では、上行の場合●を使い、下行の場合を◎使うそうです(そうではないパターンもあったりするのかな?)。例えば、陽音階だと、上行は「ドレファソラ♯」、下行は「ドラソファレド」となります。
  • 表は上と下の2つありますが、上は、表の左端を「ド」に固定したもので、下は、主音?を左端にしたものです。
  • ド〜シの文字をクリックすると、表の位置が変わります。例えば、「ソ」を押すと、各音階で「ソ」を基準とした構成音を表示します。




ソ♭(またはファ♯)以外は、すべて使っていたりするんですね。ドを基準とした時に、その音を使わないのは、西洋音楽と同じように響きが悪いからなんでしょうかね?…理由は分らないですけども。因みに、その右の、ソの音(5度音程)は、どの音階にも入ってたりします。これが全てに入っているのは、うなりが少なく響きがよいというところからなんでしょうね?^^;

と、ちょっと話がそれましたが、曲を構成している基本的な音は5音なんだと思いますけど、曲によっては6音だったりで(因みに「猫ぢゃ猫ぢゃ」の主旋律は6音です。作られたのは江戸末期だとかです)、厳密に5音だけってことでもないみたいですね。また、臨時的に(即興的に!?)音程の上げ下げとかもするみたいですね。だから、先ほど、ソ♭(またはファ♯)の音が使われてないということでしたけども、臨時的にその音を使うこともあるのかもしれないですね。

それと、先の表では、ドを基準としてたりしますが、ド(261Hz)という音の基準はなかったと思うのですよね。分らないのですけども、江戸時代などでは、演奏する人、歌う人によって基準の音はマチマチだったんでしょうね。その時代にピッチを厳密に測るものなんて無かっただろうし、歌う人に合わせたり、音程を変えられない楽器(例えば笛とか)に合わせてたりしんでしょうね(多分^^;)



Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!