×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

沖縄古典音楽と低音域

FlawTipsの音的ウェブ
「音」関連の事柄を図や音を使って紹介しています。
音的ブログで書き綴った膨大な記事をウェブ化してみました!サイト内の検索も出来ます。
サイトに掲載されているページのリストです >>>サイトマップ<<<
エフェクタ - シンセサイザ - 周波数 - ノイズ - 波形 - 倍音 - - 共鳴 - 平均律と純正律 - ステレオ・メーター - 屋外の音 - 耳の特性 - 音と脳 - 音楽の効用 - デジタル・サンプリング - 波形編集ソフトウェア - 音の歪み - 真空管 - VST,SynthEdit - ボコーダ - 変調 - 波形に変化を与える1 - 波形に変化を与える2 - 波形に変化を与える3 - 偶数倍音列と奇数倍音列 - Waveshaper - 日本古来の音階 - 沖縄民謡、古典音楽 - 三線 - YMO - デジタル・オーディオ・ワークステーション - メロディー・パイプ - FlawTipsの音的オススメ - サイトマップ - サイト内検索
シンセサイザ比較|YAMAHARolandKORGNord


Topページ > 三線
次は YMO



沖縄古典音楽と低音域


沖縄の歌で最初に耳にしたのはなんだろう?と、遠い記憶をたどってみると、うーん色々聴いてたかと思うけど「これは沖縄の歌なんだ!」ってことで意識して聴いたのは「安里屋ユンタ」かな?って気がします。そういう意味で最初に聴いたのは、細野晴臣さんのアルバム『はらいそ』('78)に収録されている「安里屋ユンタ」だったりします(これを耳にしたのは、リリース後かなり経ってからなんです^^;)。でも、それよりも前にYMOのアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』('79)に収録されている、沖縄民謡をテクノに仕上げたという曲「アブソリュート・エゴ・ダンス」を聴いて、そのコーラスや使っている音などから「沖縄的」って思っていたので、それ以前から沖縄音楽をどこかで耳にしてたんでしょうね(因みに、この「アブソリュート…」は細野さんの作品だったりします)。

ところで、最初に聴いた細野さんのアレンジによる「安里屋ユンタ」の印象が強かったようで、沖縄で聴くような三線や太鼓の伴奏による「安里屋ユンタ」に何か物足りない…って印象を強く懐いてたりしました^^;。その違和感みたいなのは、ベースの音のある無しから来たのかな?って思ったりします(私自身、音楽を聴く際、ベースの音を追っかけてたりするので…^^;)。沖縄古典音楽や、沖縄民謡の音源を聴くと、低音部を演奏する楽器を使ってなかったりしますね(多少聴いただけなので…使っているものもあるのかな?^^;)

沖縄古典音楽に使われる主な楽器は、三線、箏(琴)、太鼓、笛など…だそうですけど(胡弓や三板もあるそうですね)、低音で音階を出せる楽器ってのがなさそうですね。なんででしょうね?^^;。でも、時々沖縄民謡を聴いていると何の楽器なのか分らないのですけど、ベースの音域より1オクターブ程高いけど、低音域の旋律って感じの演奏をしているものを耳にしたりします。もしかしたらアコースティック・ギターなのかもしれないです。音源しかないので、何なのかよく分からないです^^;

そういう低音域の旋律っぽい演奏が入っていても、何だか、その響きに先の違和感みたいなのを少し感じたりするんですけど、今はそういう響きも面白いって思えるようになりました^^;。というか、そういう発想を持ってなかったりするので、これはどういう影響?があって、その旋律が出てくるんだろう?って興味津々になったりもします。ほんと音楽ってのは色々なんですね^^;



Copyright (C) FlawTips All Rights Reserved.




<<<楽器関連>>>

DJ機材
サウンドハウス
楽器の事なら石橋楽器!